2015年09月29日

「森本美由紀展」の足跡をまとめました

弥生美術館での「森本美由紀展」は、27日をもちまして
好評のうちに終了いたしました。
最終日の来館者数は会期中最高の423名!
用意していたグッズもひとつ残らず完売し、大盛況でした。

7月3日から始まった森本美由紀展ですが、会期中にこれほど
たくさんのイベントを開催したのは、弥生美術館始まって以来
なのだそうです。
改めて振り返ってみると…。

*7月2日
開催前日に開かれた内覧会では、美術評論家の山田五郎さんが
シックと可愛さを融合させた、森本独自の世界観を解説。
http://info-morimoto.seesaa.net/archives/20150716-1.html

*7月19日
第1回「午後3時のゲリラ・トーク」
保存会を代表し、井出千昌が友人の視点から、森本さんの
仕事の裏話などをお話ししました。
http://info-morimoto.seesaa.net/archives/20150720-1.html

*7月26日
第2回「午後3時のゲリラ・トーク」
保存会の谷川里砂が、森本さんが主宰した活動、Rune Doll Associatesについて、
思い出話を交えながら解説。

*7月28日
第3回「午後3時のゲリラ・トーク」
森本さんのお母様にマイクを握っていただき、弟さんや従姉妹の方のお話も
挟みながら、森本さんの素顔を紹介していただきました。
http://info-morimoto.seesaa.net/archives/20150729-1.html

*7月30日
代々木上原の888ブックスで「夏のタマちゃん祭り」開催。
http://info-morimoto.seesaa.net/archives/20150728-1.html
タマ祭り.JPG

*8月9日
穂積和夫先生によるトークイベント。戦後のファッション・イラストの流れと
森本美由紀の位置づけを、わかりやすく解説してくださいました。
http://info-morimoto.seesaa.net/article/424306911.html

*8月17日
代官山蔦屋書店で1ヶ月に渡って開かれた「森本美由紀フェア」に伴い、
クロッキーモデルのニッキーさんとサエキけんぞうさんによるトーク
イベントを開催。司会は井出千昌、映像資料は吉田宏子
(共に保存会メンバー)が担当しました。
_MG_0080.jpg

*8月23日
荻窪の「6次元」で「森本美由紀ナイト」開催。
第一部:知られざる森本美由紀/内田静枝さん(弥生美術館学芸員)
第二部:デッサン会/星信郎先生(画家であり、森本さんの恩師)&
    ニッキーさん
2015.8.23-6jgen-14.jpg

*8月27日
第4回「午後3時のゲリラ・トーク」
森本さんのクロッキーモデルだったレイカさんが、スライドで秘蔵資料を
上映しながら、思い出を語ってくださいました。
http://info-morimoto.seesaa.net/archives/20150828-1.html
E383ACE382A4E382ABE381A1E38283E38293.jpg

*8月29日
「森本美由紀ナイト!」第一夜
サエキけんぞうさんと沼田元氣さんによるトークイベント。
おふたりと森本さんが参加していた句会の思い出から森本作品に見る
エキゾティシズムにまでお話が広がり、この集いを詠んだ俳句も
披露してくださいました。
numata-saeki-03.jpg

*9月5日
「森本美由紀ナイト!」第二夜
渋谷系ポップカルチャーを牽引した信藤三雄さん(アートディレクター)、
橋本徹さん(音楽プロデューサー/カフェ・アプレミディ店主)、
山本ムーグさん(DJ/グラフィックデザイナー)によるトークイベント。
時代のアイコンとなった森本作品の魅力を、デザイン面から解説。
2015.9.5-event03.jpg

*9月12日
午後5時のゲリラライブ敢行!
出演:ニッキー(vocal)
   CROSS(gutar/the LEATHERS、風ニ吹カレテ)
   サリー久保田(bass/ex.ファントムギフト、スクーターズ)
http://info-morimoto.seesaa.net/archives/20150914-1.html


今回の展覧会ではたくさんの方のお話を通し、これまで気づかなかった森本作品の魅力を
改めて発見することができました。
弥生美術館で開催したことも意義深く、特に森本作品に影響を与えた少女マンガとの関連性
などは、学芸員の方が幼少期〜高校時代までの作品を発掘し、展示してくださったことで、
初めて明確になった気がします。
国会図書館に何度も足を運び、調査を進めてくださった学芸員の内田静枝さんをはじめ、
弥生美術館のスタッフのみなさまに、この場を借りて御礼を申し上げます。

そして、この展覧会に来てくださったすべてのみなさまに、心から感謝いたします。
本当に本当に、ありがとうございました。

弥生での展覧会は終わりましたが、今後の展示予定については、近々ブログにUPいたします。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!


posted by チロリン at 11:01| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

森本作品に影響を与えた漫画家、陸奥A子

陸奥A子.JPG

今回の「森本美由紀展」では、森本さんが学生時代に描いた作品も数多く展示されています。
好きだった作家の似顔絵もたくさんありますが、イラストレーターは原田治さんただひとりで、
あとは大島弓子さん、大矢ちきさん、一条ゆかりさんといった漫画家のものばかり。
そのなかに、なぜか『りぼん』の付録らしき紙袋があるのです。

茶色の封筒で、下にはオレンジ色のブロックライン、そしてそのラインに乗っている
陸奥A子さんの女の子のイラスト。
「こんな付録、あったかな。もしかしたら全員プレゼントじゃない、入手困難なもの?」
と思いながらよく見ると、なんとそれも森本さんの作品! 
印刷としか思えないクオリティの高さで、「なんでこんな絵を描ける人が、美術部じゃなくて
陸上部に入っていたんだろう」と、いまさらながらナゾですw。

森本さんは常々「自分のルーツは外国のお洒落なファッションイラストではなく、
少女マンガなの」と言っていました。
昔の少女マンガには何ページかに1点、全身で主人公をひたすら可愛く描きあげた
ボーナスカットが入っていました。そんな少女マンガの影響が、森本さんの絵に独自の
「かわいさ」を育んだのだと思います。

実際、自身も漫画を描くことに、とても興味を持っていました。
『mcシスター』に連載された「タマちゃん」もそうだし、そのタマちゃんがマナー博士と
なって活躍する「レモンエイジは…マナーのお年頃」では、毎回亜月裕さんの「伊賀野カバ丸」や
楳図かずおさんの「おろち」、山本鈴美香さんの「エースをねらえ!」などのパロディが、
ふんだんに盛り込まれていました。
それらの作品は閲覧ファイルのなかにありますので、弥生に行ったら「森本版陸奥A子」の紙袋と
ともに、要チェックです♪

写真は、次回開催の「陸奥A子×少女ふろく展」に併せて河出書房から発売される、
目録本と作品集です(これがもう超豪華! 掲載作品、究極のセレクトです)。
大判で蘇るA子タンの乙女ちっくワールド。第二次アイビーブームのど真ん中にいた10代の
森本美由紀のハートとお洒落ゴコロをガッチリとらえ、多大な影響を与えた陸奥A子さんの
展覧会も、ぜひ観に来てくださいね!

posted by チロリン at 16:06| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

森本美由紀展、いよいよあと3日!

2015-07-24.jpg

7月から始まった「森本美由紀展」も、いよいよ次の日曜日が最終日となりました。
連休効果もあったのか、ここのところ駆け込み需要で一日400人という脅威の来館者数です。
作品はすべて岡山のアトリエに保管されているため、今後、東京でここまで大きな展覧会が
開催されることはないかと思われます。

見逃した方、今ならまだ間に合います!
森本美由紀の作品に、会いに来てくださいね。


posted by チロリン at 17:54| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

「朝日新聞デジタル」他で紹介されました

いよいよあと一週間となった「森本美由紀展」ですが、本日
「朝日新聞」デジタルに情報がUPされました。
 http://www.asahi.com/and_w/gallery/20150918_morimoto/

他に『新潮45』でも森本美由紀展を紹介。
『エルジャポン』10月号では、展覧会に合わせて発売された目録本と
タマちゃんの本を、2冊同時に紹介。
また『オズマガジン』10月号の「谷根千さんぽ」では、杉浦さやかさんが
イラスト入りで探訪記を書いてくださっています。
森本美由紀展を紹介してくださったたくさんの媒体、編集者、執筆者のみなさまに
感謝いたします。

昨日、打ち合わせがあって弥生美術館を訪ねたところ、なんと韓国から
この展覧会のために来たという若いカップルが!
展示作品のなかの1点を指し、「初めてこの絵を見たときに衝撃を受けた。
公式ブログで1年前にこの展示を知り、そのために来た」と、
日本語で一生懸命お話ししてくださり、胸が熱くなりました。

男性が持参したスケッチブックには、とてもきれいなファッションイラストが。
プロのイラストレーターではないけれど、森本さんの絵を観て
自分も描きたくなったのだと、興奮気味に話してくださいました。
22日まで日本に滞在し、東京見物をして帰られるのだとか。
今日は雨が上がって秋晴れになり、本当によかった!
もしもこのブログを読んでくださっていたら、道中お気をつけて。
東京をおもいきり楽しんでくださいね!!!

昨日は他にも、偶然サエキけんぞうさんもお友達を連れて来館し、
イベントのお礼を言うことができました。
サエキさんすごいな。もしかして昨日で3度目かも!?

グッズ売り場では青いパスケースなど、ついに完売してしまったアイテムもあり、
「あと一週間」という思いが実感となって迫ってきました。
秋の連休、谷中、根津、千駄木にお散歩に来られた際には、ぜひ弥生美術館へ!
posted by チロリン at 16:50| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

「ニッキー@弥生美術館」写真と詳細UPしました♪

9月12日に行われたライブの詳細です。
この日の動員はなんと200人を超え、大盛況でした。
森本さんが好きだった女優が歌った曲やフレンチポップの名曲を、
ニッキーさんが自身の詞で披露。
とにかくめちゃくちゃキュートでした!
ニッキーライブ8.JPG

突然寄り添うニッキーに、デレンデレンのサリー久保田氏。
ニッキーライブ10.JPG

セットリストはこんな感じ♪

*ニッキー午後5時のゲリラ・ライブ@弥生美術館*
ニッキー(vocal)
サリー久保田(bass/ex.ファントム・ギフト、スクーターズ)
CROSS(guitar/the LEATHERS、風ニ吹カレテ)

1.あたしと月と太陽と
ニッキーのソロアルバム「A TAISTE OF HONEY」より。
フレンチポップの隠れた名曲!

2.あたしのとりこ〜シャンソン人形
シルヴィ・バルタンの「あなたのとりこ」をニッキー流にアレンジ。
アンニュイで、囁くような歌声がセクシィ。
続く「シャンソン人形」はセルジュ・ゲンスブールが作詞作曲し、
フランス・ギャルが歌って大ヒットした「夢見るシャンソン人形」です。

3.変わるかも
ブリジット・バルドーの「CA POURRAIT CHANGER」。こちらも
同ソロアルバムに収録。

4.カラーに口紅
コニー・フランシスの代表曲。
日本でも伊東ゆかりがカバーし、大ヒットしました。

アンコール
5.涙あふれて As Tears Go By
ストーンズの楽曲ですが、ミック・ジャガーの恋人だったマリアンヌ・
フェイスフルも歌い、彼女の代表曲になりました。

普段は館内の撮影は禁止ですが、アンコール前にニッキーさんが
「今だけですよ」と撮影を許可してくれて、突如撮影大会に!
森本さんの作品の前で、イラストと同じポーズをとるニッキー。
これってものすごく贅沢!!!
image4 2.JPG

この写真は井出が撮影したのでピンボケでスミマセン(>.<)
でも、ニッキーさんといえばこのポーズですよねえ♪
ニッキー弥生2.JPG

お客さんが廊下にまであふれる状態でしたが、歌いながら場内を一周してくださったので、
みなさん間近で森本美由紀のミューズを観ることができました。
ニッキーさん、クロスさん、そしてサリー久保田さん、本当にお疲れさまでした!
来てくださった方、どうもありがとうございました。

森本美由紀展は、9月27日までです。
たくさんの方のご来館を、お待ちしております!!!
posted by チロリン at 16:52| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

美術館でリハーサル

ニッキーリハ.JPG

明日のライブを前に、昨日のスタジオリハに続き、今日は閉館後の美術館で
一日限りのメンバー(サリー久保田&クロスさん)と音合わせをしたニッキーさん。
ライブハウスではないのでアンプも小さなものしかなく、いささか心配でしたが、
アレコレと試行錯誤を繰り返し、納得のいく音になったようです♪
レアなフレンチポップから誰もが知っている懐かしい曲まで、パンキッシュな
ニッキーさんの歌声がとにかく可愛い。
明日、着る予定の衣装がこれまたキュート!

森本さんの絵に囲まれて歌うニッキーさんを見ていたらいろんな思いが
込み上げてきて、「どうしてここにいないのかなァ」なんて
今更のように思ったりもしますが、きっと森本さんも喜んでくれているはず…。
本番が楽しみです!

東大ゴーフル.JPG

リハ終了後は、美術館のお向かいにある東大の学食で、みんなでごはんを
食べて帰りました。
安田講堂の前にある大きな学食。本郷定食とか赤門ラーメンとかいろいろあって、
いちばん高くて580円というコストパフォーマンスの高さw。
帰りに生協に寄り、「ガラムマサラ配合スパイシーヌードル」とか
「ユーグレナきなこねじり」とか、あまり見かけないお菓子や食料品を買って
帰りました。
ニッキーさんは「東大ゴーフル」が「おいしすぎる!」と感動していました。
弥生美術館にお来しの際には、お向かいの東大探訪も楽しいですよ♪
posted by チロリン at 01:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

ニッキー@弥生美術館、今週土曜です!

11924758_962193627177670_8838322242466997279_n.jpg

ニッキーさんのライブ@弥生美術館、いよいよ今週土曜です。
ライブに先がけて、ニッキーさんから以下のメッセージが届きました♪

「今回の弥生美術館でのライブ、ベースには今までずっと一緒に演りたいなぁ〜と
思ってたサリー久保田(元ファントムギフト)さん、ギターは私のアコースティックの
パートナーのCROSS(the LEATHERS/風ニ吹カレテ)、この3人での初めての演奏です!
森本さんも、きっと喜んでくれているのではないかと思います。
何を演るかはまだヒミツですが、私のソロCDの中の曲や、森本さんがよく描いていた
フランスの女優の曲など、私流なフレンチな歌を唄う予定です♬
美術館でのライブは初めて!
入館料を窓口で払って森本さんの作品を観た後に、そのまま美術館の2階でのライブを
ご覧頂けます。お得でしょ!?
森本さんの素敵な作品に囲まれて演奏する私達を是非観に来て下さいね!」

超レアなゲリラライブ、スタートは午後5時です。
どうぞお見逃しなく!

そしてお知らせがもうふたつ。
*現在発売中の「芸術新潮9月号」で、福田里香さんが森本作品の解説をして
 くださっています。同年代ならではの視点でズバスバと本質に切り込む内容に
 「うわ〜、なんてよくわかってるんだ!」と大感動。
 これは必見です!

*明日(8日)発売の「週刊朝日」でも、森本さんの特集が!
 こちらは友人であるサエキけんぞうさんが取材を受けてくださいました。
 サエキさんの森本論というのがまた、ちょっと切り口が変わっていて
 「ならでは」の味があります。読んでくださいね〜。
posted by チロリン at 18:30| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

展覧会ハシゴ♪

原田治さん2.JPG

今日は気になる展示をハシゴしてきました。
まずはトーキョーカルチャート by ビームスで9月16日まで開催されている
『OSAMU GOODS TRIBUTE』。
http://www.beams.co.jp/news/detail/5252

森本さんも大好きだったオサムグッズ(オサムグッズのデザイナーになろうかと
本気で考えていたほど)。
お弁当箱にペンケース、ノートにマグカップなどなど、80年代から90年代の
女子中高生で、オサムグッズの洗礼を受けなかった子はいないのではないでしょうか。
かく言う私も、大人になってからもミスドの景品を集めまくっていたひとり。
崎陽軒のシュウマイにつくお醤油入れの「ヒョウちゃん」がオサム・ヴァージョンに
なったと聞けば、速攻で横浜にシュウマイ弁当買いに行ってましたしw。

今回のエキシビジョンでは、原田治さんの平面作品のほか、土井章史さんが集めに集めた
40年分のオサムグッズもズラリと展示。
原田治さんのファンだったデザイナーやイラストレーターによる作品も必見です。

ところで上の写真は、先日弥生美術館に来館された原田治さんです。
後期展示物をじっくりと鑑賞された後、学芸員の方が用意してくださった前期展示物も
しっかり見定めているところ。
原田治さんだからというので特別に、前期展示物も観ていただいたわけではないのです。
原田さんが森本作品を熱心に観られているのはなぜかというと、それは…。
それは来年の、多分初夏に……。
と、これはまだヒミツ。追々ブログでご報告しますね♪

HIGASHIALPS.JPG

もうひとつは渋谷パルコB1F、デルフォニックスギャラリーで開催中の
保存会メンバー落合 恵さんによる『HIGASHI ALPS MOUNTAIN KIOSK展』。
http://www.delfonics.com/gallery.html

保存会きっての山ガール、落合さんの作品やポスター、書籍に加え、山をモチーフ
にしたコーヒー缶や名峰バッヂ、マスキングテープのほか、落合さんおすすめの
山グッズ、こだわりのコーヒーなど、「山小屋の売店」をコンセプトに、いろいろと
楽しいものが並んでいます。

私はリスと小鳥の一筆箋を購入。
こちらは9月28日までの展示になります。
みなさん、ぜひ足を運んでくださいね〜。
posted by チロリン at 22:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

朝日新聞夕刊に掲載されました

弥生美術館で開催中の「森本美由紀展」について
9月2日付の朝日新聞夕刊「美博ピックアップ」に掲載されました。

'15-9-2 asahi_ shimbun.jpg
posted by tanu at 17:02| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする