2015年09月25日

森本作品に影響を与えた漫画家、陸奥A子

陸奥A子.JPG

今回の「森本美由紀展」では、森本さんが学生時代に描いた作品も数多く展示されています。
好きだった作家の似顔絵もたくさんありますが、イラストレーターは原田治さんただひとりで、
あとは大島弓子さん、大矢ちきさん、一条ゆかりさんといった漫画家のものばかり。
そのなかに、なぜか『りぼん』の付録らしき紙袋があるのです。

茶色の封筒で、下にはオレンジ色のブロックライン、そしてそのラインに乗っている
陸奥A子さんの女の子のイラスト。
「こんな付録、あったかな。もしかしたら全員プレゼントじゃない、入手困難なもの?」
と思いながらよく見ると、なんとそれも森本さんの作品! 
印刷としか思えないクオリティの高さで、「なんでこんな絵を描ける人が、美術部じゃなくて
陸上部に入っていたんだろう」と、いまさらながらナゾですw。

森本さんは常々「自分のルーツは外国のお洒落なファッションイラストではなく、
少女マンガなの」と言っていました。
昔の少女マンガには何ページかに1点、全身で主人公をひたすら可愛く描きあげた
ボーナスカットが入っていました。そんな少女マンガの影響が、森本さんの絵に独自の
「かわいさ」を育んだのだと思います。

実際、自身も漫画を描くことに、とても興味を持っていました。
『mcシスター』に連載された「タマちゃん」もそうだし、そのタマちゃんがマナー博士と
なって活躍する「レモンエイジは…マナーのお年頃」では、毎回亜月裕さんの「伊賀野カバ丸」や
楳図かずおさんの「おろち」、山本鈴美香さんの「エースをねらえ!」などのパロディが、
ふんだんに盛り込まれていました。
それらの作品は閲覧ファイルのなかにありますので、弥生に行ったら「森本版陸奥A子」の紙袋と
ともに、要チェックです♪

写真は、次回開催の「陸奥A子×少女ふろく展」に併せて河出書房から発売される、
目録本と作品集です(これがもう超豪華! 掲載作品、究極のセレクトです)。
大判で蘇るA子タンの乙女ちっくワールド。第二次アイビーブームのど真ん中にいた10代の
森本美由紀のハートとお洒落ゴコロをガッチリとらえ、多大な影響を与えた陸奥A子さんの
展覧会も、ぜひ観に来てくださいね!

posted by チロリン at 16:06| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。