2016年01月16日

谷崎文学と着物

豆千代さんの本『着物ア・ラ・モード』(小学館)の仕事など、
森本さんは和装のイラストも数多く手がけました。

洋服と違い、寸胴に着こなすのが粋とされる着物。
胴回りにはパッドを当てたり、さらしやタオルを卷いて補正をするのが
一般的ですが、森本さんはそれを知りつつ、あえてウエストをキュッと
くびれさせたスタイルが好みでした。
デッサンをするときも、モデルさんに「ウエストの補正はしないで」と
頼んでいたといいます。

そんな着物つながりから、今日は弥生美術館の新しい取り組みのお知らせです。
3月31日から開催される「谷崎潤一郎文学の着物を見る 〜アンティーク
着物と挿絵の饗宴〜」に伴い、弥生美術館は初めてクラウドファンディングに
トライしています。

谷崎文学「細雪」「痴人の愛」等に登場する女性たちのモデルとなった
実在人物の写真から、当時の着物を忠実に再現。
着物を通して谷崎文学を掘り下げるという、画期的な展覧会です。
着物のセレクトと着付けは、アンティーク着物コーディネイターの
大野らふさんが担当。
集まった資金は着物の調達や仕立て直し、小物制作費等に使われます。

谷崎文学、そしてアンティーク着物が好きな方、弥生のクラウドファンディングに、
ぜひご協力をよろしくお願いいたします!

↓詳しくはコチラ。
https://www.makuake.com/project/yayoi-yumeji-museum/

posted by チロリン at 17:16| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。