2016年03月26日

「二人展」に思うこと

去年の5月のことです。
原田治先生の娘さんからDMをいただき、パレットクラブで開催されていた
『安西水丸とその弟子たち』展を観に行きました。

その日は治先生もいらっしゃって、カウンターで先生が煎れてくださった
美味しいお茶を飲みながら、7月から始まる弥生美術館での
『森本美由紀展』の話などをさせていただいたのですが、そのとき先生から
思いがけない提案があったのです。

「来年の春頃、パレットクラブでペーターと森本さんの二人展を
やりたいんだけど、どうでしょうか。森本さんも、きっと喜ぶと思うんだけど」
…どうでしょうかも何も、あまりにも嬉しくて、その場で
「よろしくお願いします!」と答えていました。

すぐに具体的な準備の相談をし、大半の作品が岡山のアトリエから弥生美術館に
移動している今がチャンス!ということになり、展覧会の開催中、
原田先生に弥生美術館に来ていただいて、作品の荒選びをしていただきました。
原田治さん2.JPG

森本さんは、ペーター佐藤さんが本名の佐藤憲吉名で仕事をされていた頃から
ペーターさんの大ファンでした。
まだ画風が定まる前、初期のイラストのなかには、ペーターさんの影響を
色濃く受けたものもあります。こんな感じに。
anan森本1.JPG

パレットクラブスクールでは、ペーターさんがファッションイラストレーションの
講師を務められていましたが、お亡くなりになったあとを引き継いだのが森本さんでした。
思えば森本さんがいちばん最初の個展をしたのもペーターズギャラリーだったし、
保存会のメンバーで回顧展の会場を探していたとき、「森本さんのためなら」と
会場を提供してくださったのもペーターズギャラリーでした。
ペーターさんのご遺族のご厚意がなければ、会場を借りることもできなかったし、
その後の弥生美術館、岡山県立美術館へとつながることもなかったと思います。

高校時代の森本さんは、ペーターさんと共に、原田治さんの大ファンでもありました。
学生時代に真似をして描いた、オサムグッズのジルと思しき女の子のイラストは
弥生美術館でも展示されていたので、「これは!」と思った方もいらっしゃるのでは?

原田治さん、ペーター佐藤さん、大好きなおふたりと一緒に仕事ができるなんて、
森本さんが知ったら、「ええーっ、ホントにいいのォ?」って言いそうですw。
『ファッションイラストレーション展』のサブタイトルは、
「先輩から後輩へ受け継がれるファッションイラストの仕事」
この展示を観た人が、第二のペーター、森本美由紀になってくれるといいなあ。。。

原田先生のブログでも、この展示について語られています。
読んでいたら泣けてきた。。。
森本さんに読ませてあげたかったブログです。。。

http://d.hatena.ne.jp/osamuharada/20160325

posted by チロリン at 22:56| パレットクラブスクール 二人展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

「ペーター佐藤・森本美由紀 二人展」開催決定

原田治さんが主宰するパレットクラブで、
「ペーター佐藤・森本美由紀 二人展」の開催が決定いたしました。
イラストの選者は原田治さんです。
詳細は追ってご報告いたします。

2016FashionIllustration展DM-オモテ.pdf

2016FashionIllustration展DM-ウラ.pdf
posted by チロリン at 18:07| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

山陽新聞に掲載されました

先日、岡山県立美術館の学芸員の方が、3月16日付の山陽新聞の記事を
送ってくださいました。
関連行事のクロッキー会で講師を務めてくださった、かじうめちえこさんの
インタビューです。
県美@山陽新聞.pdf

山陽新聞社さんは、昨年の弥生美術館での展覧会の際にもわざわざ東京まで
取材に来てくださり、保存会のメンバーで30分ほど取材をお話をさせて
いただきました。
記事の内容はとても的確で、森本作品の魅力を余すところなく伝えて
くださっています。
ネットにはこんな記事も♪

http://www.sanyonews.jp/article/315018

県立美術館での回顧展も、明日までとなりました。
ひとりでも多くの方に、森本さんの作品を観てもらいたいです。
posted by チロリン at 17:43| 岡山県立美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

森本美由紀グッズ、21日まで予約受け付けます!

岡山県立美術館での回顧展に併せて用意したグッズが好評で、
なんとか手に入れたいとの問い合わせが多数寄せられていることを受け、
回顧展終了の3月21日まで、急遽予約販売をすることになりました。
「行きたいけれど、遠くて無理…」とあきらめていた方、今日を入れて
4日間だけのチャンスです!
この機会にぜひゲットしてください♪

ご用意できるグッズは、以下になります。

*トートバッグ ¥1,944
(50個限定でしたが、完売後も問い合わせが殺到。
予約制で追加制作いたします)
岡美物撮り3.jpg

*ポストカード 各¥130 〈5枚組 ¥540〉
ポストカード.JPG

*クリアファイル ¥270
岡美物撮り1.jpg

以上、メールで予約を受け付けます。
地方発送可です。
詳しくは下記までお問い合わせください。

*問い合わせ先 
岡山県立美術館 ミュージアムショップ KENBI CIFAKA(ケンビシファカ)
yamoto@cifaka.jp
(担当/矢本奈央)


posted by チロリン at 15:21| 岡山県立美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

「森本美由紀回顧展」21日まで!

現在、岡山県立美術館で開催されている「森本美由紀 回顧展」も、
残すところ、あと4日となりました。
今日は、岡山市内で見かけたポスター等のご紹介です。

*市内を走る路面電車の中刷り広告。
レトロな電車とモードなイラスト、意外によく似合うw。
11653236_10154653972673228_988871204_n.jpg

*県立美術館前と、壁面のポスター
20160217_144535.jpg

12736040_10154653844523228_1035609969_n.jpg

12665668_10154653844713228_105216495_n.jpg

*エントランスからタペストリーが見えます。
12736065_10154653844998228_89704538_n.jpg

*受付で配られるパンフレット。チロが撮影しましたが、実際はもっときれいな
ティファニーブルー。
岡美パンフ.JPG

*中身はこんな感じ。この色が正解です♪
id-266851069.jpg

*パンフレット裏面は初期のペン画。
id-266851070.jpg

*チケットも可愛い〜!
XOqHyuZW.jpg

*商店街に設置された横断幕です。
横断幕と井出.JPG

岡山県立美術館でイラストレーターを取り上げたのは初の試みということで、
学芸員の方を始め、スタッフのみなさんがどれだけ熱意を持って取り組んでくださったのか、
これを見ただけでも充分に伝わってきます(泣)。

回顧展は21日まで。
3連休を利用して、足を運んでいただけると嬉しいです。。。

posted by チロリン at 21:21| 岡山県立美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

スタイリッシュな回顧展

県立美術館のギャラリートーク&レクチャー、無事に終了いたしました。
トークは35名、レクチャーはほぼ満席の70名近い方が来てくださいました。
中には広島や神戸、東京から来てくださった方も…。
たくさんのご来館、本当にありがとうございました。

今回の展示では作品解説等のパネルはなく、かわりに仕事に対する森本さん本人の
言葉が要所要所に配置されています。
ですので、ギャラリートークでは作品を観ながら、いつ頃のどんな作品で、
どのような背景があったのかを説明させていただきました。
トーク.JPG

レクチャーでは、目録本の『女の子の憧れを描いたファッションイラストレーター
森本美由紀』から作品を抜粋し、デビューから晩年までの作品の変化と
森本さんの仕事に対する考え方、イラストの描き方などを説明させていただきました。
レクチャー4.JPG

作品解説はなかったものの展示はとてもスタイリッシュで、本当に見応えがありました。
ピチカートファイヴの「PIZZICATO FIVE JPN」が低く流れるなか、入り口を入ると、
デビュー当時のペン画と到達点ともいうべき代表的なスタイル画が、
左右に対峙するように並んでいます。
そこからシブヤ系、女優の似顔絵、松屋等の広告、雑誌の表紙、クロッキーと原画の対比
というように、作品の特徴ごとにカテゴライズされて展示されていて、一巡すると
スタイル画を中心とした森本さんの仕事の全貌がわかるという構成です。

回顧展の評判を知りたくて検索していたら、弥生美術館と岡山県立美術館の
両方に行かれた方の書き込みを発見。
「弥生は森本さんのアトリエにいるような、アットホームな雰囲気。
岡山県立はスタイリッシュで、作品がランウェイを歩いているようだった」
とあり、まさしくそのとおり!と思わず拍手しましたw。

回顧展も残すところ、あと17日となりました。
日頃は年配の来館者が多いという岡山県立美術館ですが、学芸員の方によると
「今回はお洒落な若い方がたくさん来てくださり、いつもと雰囲気がまるで違う」
のだそうです。
西日本在住の、そこのアナタ、ご来館をお待ちしています♪

http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/permanent-exh-mori.html



posted by チロリン at 20:18| 岡山県立美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする