2016年07月23日

森本美由紀と『暮しの手帖』

暮しの手帖表紙.JPG

現在NHKで放映されている朝ドラ「とと姉ちゃん」。主人公はご存知のように
『暮しの手帖』の創業者、大橋鎭子さんをモデルとしています。
ドラマは編集長に花森安治さんを迎え、創刊号を出版したところまで進み、
いよいよ佳境に突入。毎朝楽しみに観ている人も多いのではないでしょうか。

森本さんが20代後半の頃、ふたりでこんな話をしたことがあります。
「これまでたくさん雑誌の仕事をしてきたけれど、まだ仕事をしたことがない雑誌で、
到達点として1冊名前を挙げるとしたらどれか」
答えは二人揃って『暮しの手帖』でした。

広告を一切入れないからクライアントにおもねることもない。
指針はガンとしてぶれず、シンプルでいて美しい。
「電気釜の炊き比べ」などといった実名を出しての商品テストができたのは、
世界広しといえども『暮しの手帖』だけだと思います。
だから森本さんが初めて同誌から仕事の依頼を受けた時は、本当に嬉しそうでした。
トビラを開き、まずあるのが花森さんの言葉。
そのつぎの目次ページに、森本さんのカットが使われることになったのです。
連載だったのか単発だったのか、そのあたりはよく覚えていませんが、
筆のイラストではなく、布を使ったコラージュでした。

暮しの手帖2.JPG

よほど嬉しかったのか、それとも私を編集部に紹介しようと思ってくれたのか、
森本さんに誘われて、一度『暮しの手帖社』を訪ねたことがあります。
コンクリートの打ちっぱなし、テラスハウスのような外観。日よけに
大きな布のシェードが使われていて、とても会社とは思えない素敵な出版社。
居心地の良い空間で、当時編集長だった高野容子さんに、雑誌づくりのお話を
伺って帰りました。

その高野さんと、先日パレットクラブ『二人展』のレセプションで再会しました。
「弥生美術館での回顧展のときに、森本さんの作品が掲載された本を贈呈したのですが、
展示されなかったとのことで学芸員の方が返却してくださいました。
これは保存会にお渡しした方がよいと思い、今日、お会いできるのではないかと思って
持参しました。これで今日の大きな目的が果たせました」
そうおっしゃって渡してくださったのが、ここに掲載した『暮しの手帖2006 6・7月号』です。

この号では、目次カットのほかに、巻頭で森本さんのイラストが8ページに渡って
掲載されています。
タイトルは「あなたの旅をお手伝い」。タイトルカットのほかに、旅先で重宝する
カーディガンの着こなしを7パターンのイラストで紹介しています。

暮しの手帖3.JPG

暮しの手帖1.JPG

嬉しかった。本当に。。。
『暮しの手帖』の根底にあるのは、こういう気遣いや心配りなのだと実感しました。

この号の販売は終了してしまいましたが、「雑誌を読み捨てにしない」がモットーの
『暮しの手帖』、入手可能なバックナンバーもたくさんあります。
最新刊はもちろんですが、心に留まる内容がありましたら、ぜひ購入をお薦めします。

*『暮しの手帖』バックナンバー 
https://www.kurashi-no-techo.co.jp/list/honshi

posted by チロリン at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

原田治さんのトークに思うこと

昨日は弥生美術館で、原田治先生のトークショーが開かれました。
トークの前にサイン会も行われるので、弥生で購入した復刻トートを持って
3時過ぎに出かけてみたのですが、美術館の入り口には会場から溢れ出た人が。
完全に甘かった。弥生のtweet、確認しておけばよかった。
サイン会の参加券を確実にゲットするには午前中着が必至だったみたい。
とにかくすごい人気です。

*ジル、ドッグなどトートの絵柄は4種類。残念ながら、わずか2日で完売。
復刻トート.JPG

原田先生のご厚意で1時間延長されたサイン会が5時に終わり、
5時半からいよいよトークショーがスタート。
今回の1000点に及ぶ展示作品、オサムグッズに関してはトムズボックスの
土井章史さんの秘蔵コレクションがメインですが、その土井さんが
進行役となり、元コージー本舗の石井志津男さんも同席されて、
オサムグッズ誕生からこだわりの点まで、ここでしか聞くことの
できない貴重なお話を伺うことができました。

1976年に産声をあげたオサムグッズ、いちばんの特徴は、イラストだけではなく、
アートディレクションも原田先生ご自身がされたところにあります。
約30年間で、その数なんと1万種類ですって! 1万点じゃないですよ、種類です。
その間、1ヶ月に20〜30のアイテムをコンスタントに提案し続けたと聞き、
「そんなこと、本当にできるの!?」と今更ながらビックリ。

「僕は、イラストはすべて“版下”だと思っている」というお話も興味深かったです。
江戸時代の浮世絵師は、薄い紙に絵を描いて版元に渡していました。
版元ではその絵を板に乗せ、彫師が絵をなぞりながら版画を作るので、元絵は
切り刻まれて消滅してしまう。
そういう仕事がしたいとおっしゃるのです。
な、なんという潔さ! 
今回の展示では、スミ一色で描かれた原画にトレペをかけ、そこに色指定を
してDICを貼付けた、制作過程の貴重なイラストも展示されています。
「版下」という先生の言葉を思い浮かべながら観てくださいね。

そして「いちばん影響を受けたものは?」という質問に対しては
「ナンシーという漫画。誰も知らないだろうけれど」と。
いや、なんとなくわかる! 
ベティーブープをオサムタッチかつ少女にしたような、というか…。
イガグリみたいなツンツンの黒髪に大きなリボンをつけた女の子
だったような。
そして「ディズニーよりもハンナ&バーベラが好きだった」という
お答えに、オサムグッズがなぜこんなにも女の子の心を掴んだのか、
自分なりにわかったような気がしました。

ハンナ&バーベラはアメリカMGMのアニメ・プロダクション。
日本でいちばん有名なのは、なんといっても「トムとジェリー」でしょう。
オサムグッズが生まれた1976年に高校生だった女の子(つまり森本美由紀
ですねw)たちは、子供の頃、毎日ハンナ&バーベラを観て育ちました。
夕方になり、MGMのトレードマークであるライオンを押しのけるように
トムが出てきてニャーオと吠えると、アニメ番組が始まります。
「クマゴロー(Yogi Bear)」「原始家族フリントストーン」
「宇宙家族ジェットソン」「突貫カメ君」「スーパースリー」
「ラムヂーちゃん」「キャスパー」などなど、挙げればきりがないほど。
そんな上質なアニメを観ていた頃、少女たちが夢中になったものに、
いわゆるファンシーグッズがありました。

小学生なら水森亜土や田村セツコのランチョンマット、ホリー・ホビーの
缶ペンケース。ルー・シュミットや内藤ルネが描くパンダのレターセット…。
中学生からはスヌーピーも参入します。
そして高校生になると、極力薄くした学生鞄にちょっとお洒落なペーパー
バッグを持つのが定番となるのですが、何しろ紙なので、すぐにボロく
なるのが難点。そこに登場したのがオサムグッズなのでした。

サブバッグを持つのは「私の鞄にはお弁当箱なんて入らないのよ」という
薄さ自慢&ステイタスで、そのお弁当箱を入れるのに、オサムグッズの
バッグはまさにドストライクだったのです。
アメリカのカートゥーンを観て育った世代にとって、ドメスティックな
匂いがまったく感じられないオサムグッズは、今で言うところの
「ネ申」でしたw。
もちろんバッグだけではなく、お弁当箱にノート、時計と、欲しい物は
星の数ほど。正直、ちょっと高くて手が出なかったアイテムも
たくさんありました。
その煌めく星たちを、今回の展示でぜひ観てほしいのです。

知れば知るほど奥深い、原田治とオサムグッズの世界!
会期中には何度も足を運んでしまいそう♪
期間限定のミントチョコドリンクの話もしたかったけれど、
長くなったのでまた次回!
posted by チロリン at 17:07| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする