2016年05月06日

「ペーター佐藤のシャネル」と「森本美由紀のサンローラン」

5月5日、「ペーター佐藤・森本美由紀二人展@パレットクラブ」が
ついに始まりました!
保存会メンバーはレセプション・パーティの少し前に会場に到着。
全てを原田治先生におまかせしていたので、期待でワクワクしながら
2階のギャラリーへ…。

…もう、言葉が出ないくらいにかっこいい!!!
2〜3作品ずつをひとつの額に収め、額の色もサイズも全て統一。
額を揃えることで、ふたりのイラストのサイズの違いが全く気にならないんです。
シンプルなのに迫力があり、もうとにかく「かっこいい!」としか言いようがなく…。
特にギャラリー中央、「ペーター佐藤のシャネル」と「森本美由紀のサンローラン」が
並ぶところは本展示の目玉かも!
「なんて贅沢なんだろう」と、何度も何度も眺めてはため息をつき、一周しては
また眺めてため息w。

それにしても今更ですが、ペーターさんのエアブラシの作品、すごすぎる〜。
真っ赤なルージュを唇から少しはみ出すように塗った、その唇の輪郭と
ルージュのラインの微妙な違いとか、イラストでここまで出せるものなのか!?
またそのお隣の美女のプルンプルンでツヤッツヤの唇も、今にも話しかけてきそうでw。
「ニューヨークタイムズ」に掲載されたという、ジャンセンの水着の広告用イラストも
素晴らしかったです。
凛々しい眉の、いかにもペーターさん好みの美女と北斎の波しぶきの融合!
…って、「何のこっちゃ」と思われたアナタ、ぜひその目で確かめてくださいw。

レセプションではお世話になった方、お世話になっている方、縁りの方、古くからの友人、
いつも応援してくださる方たちがたくさん来てくださり、人に恵まれた幸せを噛み締めました。
そしてペーターさんの奥様から「こんな形でふたり一緒に展示ができるなんて」と言われ、
不覚にも涙。
ここまで来ることができたのは、元はと言えばペーターさんのご遺族の計らいで
回顧展を開催させていただいたからに他なりません。

ああ、もう、すごい、本当にすごいです!
こんなにも素晴らしい二人展を企画し、開催してくださった原田治先生に、
改めて感謝いたします。
本当にありがとうございました。

「二人展」は、22日まで。
「築地市場の散策もかねてぜひ」と言いたいところですが、たとえ市場が
お休みでパレットクラブのためだけに来ても、絶対に損はないと確約します!
来てね〜〜!!
入り口がわかりにくいという声も聞いたので、愚息が「映画のセットみたい」と
ビックリしながら撮った写真、アップしておきますw。

↓詳細はコチラ。
http://www.pale.tv

パレット外観.JPG
posted by チロリン at 02:10| パレットクラブスクール 二人展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする