2016年10月14日

作品の寄託作業が完了しました

10月7日〜9日にかけて岡山のアトリエに出向き、作品の寄託作業をしてきました。
参加したのは、保存会からは私・井出千昌、『ファッションイラストレーションの描き方』の
編集を担当した村井たかこ、岡山在住のイラストレーター、森シホカ。
岡山県立美術館からは、主任学芸員の福冨 幸さん、岡美に橋渡しをしてくださった
イラストレーターの岡本ヒデヨさん他3名。
また、弥生美術館から目録本の編者である学芸員の内田静枝さんが同行してくださいました。

3日間をかけて整理・確認した作品の総数は3000点以上。そのほぼ全てが、無事に美術館に
納められました。
何しろ点数が多く、バリエーションも豊富な森本さんの作品群。
今後は県立美術館の併設展として年に1〜2回、「ファンシー系」「スタイル画」
「クロッキー」など、ジャンルごとに分けて随時展示をしてくださるとのこと。
初回は来年の桜の頃を予定しているそうです。

寄託作業の様子を、いくつか写真でご紹介しますね。

*過去の回顧展で展示されず、アトリエに残っていた作品は、井出と村井、内田さんで
初期作品、ペン画、スタイル画、カルチャー系、雑誌掲載分などに分け、もんじょ箱に収納。
ベッドサイド.JPG

*代表作はスタイル画といわれる森本さんですが、いちばん点数が多かったのは、4色の
ペン画でした。色指定を好まず、すべて自分で色づけをしていたので、どのカットもそのまま
ポストカードにできるほど素敵。
ペン画.JPG

*完成品は一部を除き、アトリエで保管することに。これはマークスから発売された
スケジュール帳の一部。1点ずつ取り出してもんじょ箱に収め、残りは元の場所に
戻しました。
マークス.JPG

*お隣の部屋では岡美チームと保存会の森が過去の回顧展で使用したイラストなどを確認。
アトリエに残されていた作品もジャンル分けが終了次第、こちらの部屋へ。
仕分けが終わったものから1点ずつ写真を撮り、再度箱へ戻すという作業が延々続きました。
寄託1.JPG

*資料もジャンル分けして収納。傷みの激しいものは、1冊ずつ薄紙で包んで保管しました。
資料写真.JPG

*なかにはまったくの趣味で描いた仕事以外の作品も。
これは当時夢中だったネオGSバンド、ザ・ファントムギフトのライブ告知ポスター。
こんなのいつの間に描いてたんだ? レアすぎる〜。
岡崎京子さんと初めて会ったのも同バンドのライブだったし、おまけに私は後にベースの
サリー久保田と結婚し、結婚通知も森本さんに描いてもらったのでしたw。
このテの趣味モノもカルチャー箱へ収納。
サイズ中.JPG

*確認が終わった箱は紐で縛り、いったん廊下へ。
森本さんが仔猫の頃から可愛がっていたクロちゃんが見張り役w。
寄託8.JPG

*何もかも片付けてしまうのではなく、森本さんの気配は極力残しました。
アトリエ奥にあるキッチンも、当時のまま。
森本キッチン4.JPG

*壁にかけられた小さなフォトフレーム。幼い頃の森本姉弟。
森本キッチン3.JPG

*ちょこっと飾った秋のアレコレ。キノコの小物とか、好きだったなァ。
森本キッチン.JPG

寄託を終えて思ったのは、これで私がいつかこの世から消えてしまっても、森本さんの作品は
末永く展示され続けるだろうということ。
「森本美由紀 生誕100年」の展覧会とか、そんなこともあながち夢ではないのだと思うと、
なんだか不思議な気持ちです。。。
とにかく無事に寄託が済んで、まずはホッとしました。



posted by チロリン at 01:08| 岡山県立美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

岡山県立美術館に森本作品を寄託いたします

この度、2月に開催された「森本美由紀 回顧展」でお世話になりました岡山県立美術館に、
主要な森本美由紀作品を寄託する運びとなりました。

岡山県立美術館には作品の寄託制度があります。
これは作品の保管に困る所有者(留守がちである、高齢であるなど)、あるいは
所有者は手放すつもりはないけれど、美術館側がぜひ展示したい作品のためにある制度です。
寄贈ではなく寄託ですので、作品に関するすべての権利はこれまでどおりご遺族にあり、
他館の展覧会に出品するなど、作品に関わる判断は所有者が行うことができます。
美術館は保管場所を提供するかわりに、自館での展示等に作品を活用することができる
ということが条件となります。

実は、このお話をいただいたのは半年ほど前になります。
津山のアトリエは陽当たりがよく、また、日中と夜間の気温差が激しいこともあり、
作品の保管に適しているとはいえない状態でした。
回顧展終了後、県立美術館から作品を返却した際に、アトリエの状況を見た学芸員の方が
県立美術館の館長さんに現状を説明したところ、
「ときどき展示をさせてくれるなら、預かってもよい」とおっしゃってくださったそうです。

画家ではなく、イラストレーターの作品を公立の美術館が無償で預かってくださるというのは
日本ではあまり前例がなく、ご遺族ならびに関係者一同、この願ってもない申し出に
大変喜んでおります。

10月初旬より、保存会メンバーと弥生美術館の内田学芸員がアトリエに出向き、
岡山県立の学芸員の方と作品の寄託準備を始めます。
寄託の経緯、進展状況などは、また追ってご報告いたします。


posted by チロリン at 14:50| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

毎回かわいい!弥生美術館の限定ドリンク

弥生美術館で開催中の「オサムグッズ展」、もう行かれましたか?
森本美由紀の原点ともいうべき原田治先生が手掛けた数々のグッズや
貴重な原画に、ぜひ会いにきてください。
9月22日(祝・木)は100名様限定でサイン会が開かれますので、
特におススメ!
詳細は以下の通りです。

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

また、美術館にお出での際には、併設のカフェ「みなと屋」で、期間限定の
ミントチョコドリンクをぜひぜひ!!!
絵柄はジル、ジャック、キャット、ドッグの4種類。
誰と出会えるかはお楽しみ♪
オサム展メニュー印刷.jpg

tanuさんと私がオーダーしたときは、ジルとキャットでしたが、
つい全種類揃えたくて、その後保存会メンバーや友人たちでコンプリートしましたw。
ミント3.JPG

「オサムグッズ展」は9月25日まで。
オサムグッズ公式サイトにレセプションの様子がUPされています。参考までに〜♪

http://www.osamugoods.com/news/
posted by チロリン at 15:16| 弥生美術館・森本美由紀展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

「森本美由紀グッズ」の購入を希望されるみなさまへ

岡山県立美術館のミュージアムショップで販売したグッズについて、
問い合わせが寄せられています。
在庫のあるグッズに関しましては常時販売可能であり、地方発送も可です。
希望される方は担当者に直接メールでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

*問い合わせ先 
岡山県立美術館 ミュージアムショップ KENBI CIFAKA(ケンビシファカ)
yamoto@cifaka.jp
(担当/矢本奈央)
posted by チロリン at 13:07| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

寄稿「イラストレーター森本美由紀さん回顧展」

津山高校会報誌1.JPG

森本さんの母校、岡山県立津山高校の会報誌に、同級生だった長滝恵子さんの
寄稿文が掲載されました。
長滝さんは森本さんの急逝後、当ブログに問い合わせをくださり、昨年弥生美術館で
開催された「森本美由紀展」では、高校時代に森本さんから贈られたイラスト入りの
手紙など、貴重な私物を快く出品してくださいました。

この寄稿文は2月に開催された岡山県立美術館での回顧展について書かれたものですが、
親しい友人しか知り得ない高校時代の森本さんの横顔も描かれており、また、森本さんの
仕事に対する姿勢なども的確に紹介してくださっています。

ブログで紹介したい旨を伝えたところ、快諾してくださいましたので、全文を
掲載いたします。
ぜひご一読ください。


「イラストレーター森本美由紀さん回顧展」
                     29期 長滝 恵子

 ファッション誌で活躍し、3年前54歳で急逝した森本美由紀さん
(29期。昭和53年卒)の回顧展が2月10日〜3月21日まで、岡山市の
岡山県立美術館にて開催されました。たくさんの作品が展示された会場では、
彼女が手掛けたCDジャケット「ピチカート・ファイブ」の曲が流れ、
男女問わず幅広い年代の人が、魅入っていました。
 彼女は津山高校卒業後、上京し、セツ・モードセミナーで学び、「mcシスター」
「ヴォーグ・ジャパン」等のファッション誌、映画、音楽、そして海外にも活躍の
場を広げた、日本を代表するイラストレーターでした。
 作品を観た殆どの人が「森本美由紀という名前は知らないけれども、どこかで
作品を目にした事がある」と言います。津山高校同級生の中でも彼女の活躍を
知っていた人は、数少ないと思われます。
 私の記憶では、高校時代の彼女は飄々とした印象で、津高生には珍しく、
長いスカートにペッタンコの学生鞄、朝の点呼で名前を呼ばれるギリギリに教室に
駆け込んでいた事が思い出されます。
 高校時代の彼女の部屋は、海外のレコードやおしゃれな外国雑誌が並べられ、
私の知らない世界がそこにありました。学校での印象とは、あまりにも違う一面に
衝撃を受けた記憶があります。豊かな感性は、当時からしっかり育っていたのだと
思います。画が抜群に上手く、彼女から届いた暑中見舞い、年賀状は、今でも私の
一番のお宝として大切に保管しています。
 作品は、ポップでカラフルなペン画から代表的な墨画等、幅広い画風。無駄のない
シンプルな線で迷いなく描く、スタイリッシュな世界。彼女が描く女性達は主体性を持ち、
愛に包まれ、幸せが伝わってきます。
かっこいい、かわいい、誰もが憧れる素敵な女性です。回顧展に行った友人に
「どれが一番好き?」と聞くと一番はみんな違います。それぞれの憧れが生き生きと
表現されています。
 彼女と最後に会ったのは、30年前の夏。イラストの仕事が増え、希望に満ちた時期
でした。その後、残念ながら彼女と会う機会はなく、回顧展で多くの作品や書籍に触れ、
彼女の偉業に驚かされました。
 彼女と一緒に仕事をされていた関係者の人達から話を聞くと「どれが原画かわからない
くらい何枚も同じ画がアトリエにあった。ひたすら描き続けていた」との事。高校卒業後、
早くから脚光を浴びていた彼女ですが、プロとしてストイックに努力を続けてきた彼女の
人生に胸が熱くなります。
 2011年、東北の震災では、彼女も大変心を痛め、その頃からおしゃれな画より、自然の
風景に心を寄せていたとも聞きました。豊かな感性を通して描く自然はどんな世界だったのか。
彼女の風景画も観たいです。
 今回、彼女の回顧展を通じて高校時代の懐かしい友人と何十年振りかの再会に恵まれた
事にも大変感謝しています。
 近い将来、彼女の回顧展が再び岡山の地で開催され、郷土出身のイラストレーター
森本美由紀さんが素晴らしい作品を遺している事を同窓会の皆様方を始め、多くの人々に
伝わる事を願っています。
 
                        (ながたき・けいこ。旧姓:川端。
                         昭和53年卒。鏡野町・鏡野中学校出身。)
posted by チロリン at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする